2020年5月24日日曜日

2020.5.24 本日の宣教



『 キリストの苦難の欠けたところを満たす 』 (コロサイの信徒への手紙1:2425)


キリスト教は「苦難の問題」について長い間、戦ってきた宗教です。キリスト教信仰において「十字架の苦難と復活の栄光」は中心を占めていると言えましょう。使徒パウロは「イエス・キリストの十字架以外に誇るものがあってはならない」と告白し、「十字架だけを誇りましょう」と証しているほどでした。

 しかし、人間の苦しみの中には悔しい苦難もあり、理解できない苦難もあります。キリスト教は、主イエスが受けられた苦しみ、十字架の苦しみ、罪のない者に注がれる苦難、納得のいかない苦難の神秘に注目します。

 本日のコロサイ1:24で、パウロは次のように告白します。

「今やわたしは、あなたがたのために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを身をもって満たしています。」 

「キリストの苦しみの欠けたところ」と聞くと、まるでキリストの苦しみがなにか物足りないような、主イエスの残してしまった部分を私たちが埋めなければならないような意味に聞こえてしまいます。それでは、イエス・キリストの苦難は本当に物足りなく、不十分なものでしょうか。…いいえ、キリストの十字架の苦難は決して欠けることも、足りないこともありません。私たち人類を救うためのイエス・キリストの苦しみは満ち溢れています。主イエスが十字架の上で最後に叫ばれた「すべて成し遂げた!」という言葉を覚えているでしょう。

「キリストの苦しみの欠けたところ」を理解するためには、まず「キリストの苦しみ」について理解しなければなりません。パウロはⅠコリントの信徒への手紙で次のように語ります。「キリストの苦しみが満ちあふれてわたしたちにも及んでいるのと同じように、わたしたちの受ける慰めもキリストによって満ちあふれているからです。(1:5)   パウロはここでも「キリストの苦しみ」という表現を使っています。しかし、キリストの苦しみが満ち溢れて私たちにも及んでいるとはどのような意味でしょうか。ここでの「苦しみが満ち溢れる」という言葉には二つの意味があります。まず、「キリストご自身が受けられた苦しみ」が満ち溢れているという意味と、次に「キリストのために私たちが受ける苦しみ」が満ち溢れるという意味なのです。ですから、「キリストの苦しみの欠けたところ」というのは、「キリストが成し遂げられなかった苦しみ」ではなく、「キリストのために私たちに残された苦しみ」すなわち、私たちキリスト者が積極的に受けるべき苦しみという意味になるのです。

 私たちの前には新型コロナウイルスとの長い綱引きが残されています。私たちの受けるべき苦しみはまだ終わっていません。しかし、私たちの苦しみのただ中に主イエス・キリストの苦しみが満ち溢れ、私たちを慰め力づけてくださるはずです。願わくは、キリストの苦しみの欠けたところを神の家族お一人お一人の身をもって満たしていきますように…。そのため、常に聖霊との交わりを通してインマヌエル信仰の恵みに満たされましょう。ハレルヤ!

2020.5.24 小さな泉の恵み


新型コロナによって命の危機や生活の危機など、数々の不安や困難に直面している沢山の方々が救われるように祈ります。

Stay home(ステイホーム)が長く続く中で、「今生かされている」という感謝の思いと、信仰の原点に立ち返る時と場を与えられました。長いStay homeにより、会えない友人達や離れている家族、姉達とのSNSを通して「おはよう」「お休み」と挨拶したり、ボケたことを言って爆笑されたり、励まし合ったり、食事の写メを交換したりと、会えない時よりも身近にいるように感じます。
数年来の課題で、なかなか踏み出せずにいたウォーキングを、「私は今から出ま~す」「行ってらっしゃ~い」と友人達の声掛けに力をもらいスタートすることができました。今日も遠く離れた場所から「ほら、いくよ~」と声をかけてくれています。一人じゃないんだという温かい想いが胸に広がって幸せな気持ちになります。コロナ禍の中で、大切なメセージと共に、一人一人に届く豊かな恵みを与えて下さている主に感謝します。       
                      S.Y 姉

2020.5.17 本日の宣教







『 主に喜ばれる礼拝者 』 (詩編24:36)

  一か月半、私たちは社会的距離をとり、人の命を守るために礼拝とすべての諸集会を休み、共に集い、顔と顔を合わせての共同体の礼拝はできませんが、各自がそれぞれの生活の場にあって「生きた礼拝者」としての歩みを続けています。

 先週私は、神が最も大切にされていることが一人の人の命であって、最後の一人までも救うことが神の愛の熱心であって、ビジョンであることを話しました。そこで私たちも「イエス様だったらどうされるだろうか」と問いかけながら生きることでイエス様に似た者としての日々を歩むことを確認したわけであります。

 そこで本日は、生きた礼拝者とはどういう人のことを言うのかということを分かち合いたいと思います。とりわけ共同体としての礼拝ができない中で、どのようにして生きた礼拝者となれるのか、神が望まれる生きた礼拝者とはどのような人なのか、について考えてみたいと思うわけであります。

 主イエスはサマリアの女との対話の中で、「サマリアの聖なる山か、エルサレム神殿」と言った礼拝の場所が大切ではなく、「霊と真理をもって生きた礼拝をささげる礼拝者」が求められると教えられました。実際のところ、「生きた礼拝者」を求める神の熱心は旧約聖書から新約聖書まで一貫していることが分かります。しかし、多くのキリスト教会とクリスチャンは、サマリアの女のように、常に何か目に見える礼拝堂、礼拝形式を重んじ、それによって信仰の敬虔さと霊的成熟の基準にしようとする誘惑に立たされているのかもしれません。

 本日の詩人は、「どのような人が、主の山に上り、聖所に立つことができるのか。」3節)と尋ねます。そして自らの言葉で応答します。それは、「潔白な手と清い心をもつ人。むなしいものに魂を奪われることなく、欺くものによって誓うことをしない人。」(4節)だと。ここで詩人は、神が祝福する礼拝者の主な基準として、「心、魂」を挙げています。何か目に見える社会的価値、聖なる信仰形式に基準を置くことを拒みます。詩人は主に喜ばれる人のあるべき基準について迷いがありません。主が見ておられるのは、その人の清い心と魂、そこから出る善い行いであって、決して人間社会で求められるような地位や権力、お金などではないのです。この詩人の信仰姿勢は旧約聖書のイザヤ、エレミヤ、アモス、ホセア、ミカなどの預言者たちを通して確かにされ、主イエスによって形式的な神殿礼拝は打ち砕かれることになります。その後、主に喜ばれる礼拝者のあるべき姿は使徒たちを通して強調され続けます。…使徒パウロは、「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。」 (ローマ12:1)と旧約と新約聖書で一貫して語られた真の礼拝と生きた礼拝者のあるべき姿をうまくまとめています。
  「新型コロナウイルスとの共存」という時代を歩むことになる私たちです。ぜひ、神の家族お一人お一人が主に喜ばれる礼拝を献げる礼拝者となりますように…。この世に倣うことなく、常に心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになる人が生きた礼拝者なのです。小泉町教会はこのような礼拝者を生み出す群れになるべきです。ハレルヤ!

2020.5.17 小さな泉の恵み


B29は見えるけど、コロナは見えないから気をつけないとね。」防空壕世代がつぶやきました。「でも、ご飯も食べることができるし、お風呂も入れるし、電気はあるしね。空襲警報気にしないで、眠ることもできるし。」・・・強い。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

90歳になった私の母は補聴器を使っています。

補聴器を選ぶとき、簡単なものを試してみたら、すべての音を拾ってしまい、やかましく、頭が痛くなり、とても着けていられないそうでした。その時、母は、人間の耳はよく造られており、聞こえなくてもいい音は、聞こえないようになっているんだね。感謝やちゃ。と。(信仰はありません)

先日、引っかかったみ言葉。申命記第412節「主は火の中からあなたたちに語りかけられた。あなたたちは語りかけられる声を聞いたが、声のほかには何の形も見なかった。」

神様は、私たちに見せるもの、聞かせるものを選んでくださっているのかな・・・。
                                        K.I 姉

2020年5月11日月曜日

2020.5.10 本日の宣教


『 イエス様だったらどうされるだろうか』(Ⅰヨハネの手紙4:1621)

 アメリカのトランプ大統領は、先日「今後も死者の増加は避けられない」と言いつつ、経済活動を早期に再開させる必要があるという考えを強調しました。大統領選挙を控えている焦りもあるかと思いますが、一刻も早く経済を正常化させたいという狙いでしょう。やっぱり資本主義の中心国の大統領にありそうな言葉だと思います。しかしいかがでしょうか。それでいいのでしょうか。聖書の上に手を置いて祈ることで大統領の働きを始めるキリスト主義で成り立っている国が、いつの間にか「命よりお金」を優先するという、聖書の御言葉とかけ離れた現実をどう見るべきでしょうか。

 とりわけ新型コロナウイルスが世界のすべてを覆そうとするこの時に、私たちキリスト者が目を向けるべきは神の御言葉であり、御言葉に聞くことを心がけなければなりません。その中でも、世界のキリスト教会とキリスト者一人一人が常に問いかけるべきことが「イエス様だったらどうされるだろうか」(What would Jesus do?)ということであると思うわけです。…私はクリスチャンとしての歩みを始めた時から、特に大切な決断が求められる時には必ずと言うほど、「イエス様だったらどうされるだろうか」という問いの前に立ち続けました。そしてこれは、小泉町教会の神の家族とも何度も確認してきた問いかけでもあるのです。だから、“なぜこの時に新型コロナウイルスが世界に広がっているのか、神は世界のキリスト教会と一人一人のキリスト者に何を求めておられるのだろうか、…”などを問いかけつつ、神の御声を尋ね求める姿勢が求められることを確認したいのです。

 聖書は感染症(疫病)について多く言及しています。その中で感染症は、人間社会の罪悪による堕落による災い、そして汚れた共同体を清めるための道具として記されています。その他に、神の御業を妨げようとする異邦の国々と民らへの裁きとして、また、神の民の高慢と不従順に対する神の裁きとして用いられてきました。最後には、罪ある世界の終末、すなわちキリストの再臨の前に起きるべき出来事として記されているのです。…「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。そして、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴が天に現れる。」(ルカ24:1011

聖書が語る感染症はただの裁きではありません。むしろ、神がすべての人を救おうとするための徴であって、神の愛の熱心が成就されるために用いられることをぜひ覚えていただきたいと思うのです。本日の御言葉では、「愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出す」と宣言します。さらに「神を愛するということは、兄弟愛を通して現れるのだ」と告げているのです。まことに主イエスは「友のために命を捨てることほど大きい愛はない」と教えられ、御自ら十字架にかかり、命を惜しまず捨ててくださいました。主イエスは常に隣の小さな者、病人、社会的弱者、罪人などに目を向けられ、その人々の友となられたのです。同じく、新型コロナウイルスという感染症を前にしている世界のキリスト教会とキリスト者一人一人が、口だけで神を愛していると言う偽り者にならず、隣の苦しむ兄弟の命を守ることを優先し神の愛を実践できますように…。ますます愛が冷えていく世界の中心に立ち、「イエス様だったらどうされるだろうか」と問いかけつつ、十字架の愛を叫び愛の手を差し伸べる世界のキリスト教会とキリスト者一人一人によって神の国は近づくはずです。ハレルヤ!

2020.5.10 小さな泉の恵み


愛する教会の皆さんに会えなくなって1ヶ月経ちますが、皆さんお元気ですか?
今日は【母の日】ですね。私は母がクリスチャンになった事がきっかけで教会に行き始め、クリスチャンになりました。
母は名古屋に住んでいますが、先月白内障の手術を受けました。手術を受けた病院は、今年2月末にクラスターを出した病院という事で、私はとても不安を覚え、やめた方がいいのではないかと祈っていました。しかし、そんな事があった病院だからこそコロナ対策が徹底されており、また患者さんも少ないため入院した6人部屋は母1人きりでした。母は、目もよく見えるようになって幸せ~!と喜んでいました。見舞いにも行けない私は怖さを感じていましたが、神様が先に立ってどんどんと進んでおられた感じです。一瞬たりとも母からも私からも離れない主に改めて感謝です。『主はみずからあなたに先立って行き、またあなたと共におり、あなたを見放さず、見捨てられないであろう。恐れてはならない、おののいてはならないー申命記31:8―
母に私から一言・そのよく見えるようになった目で家のホコリを掃除しようね()
                                K.K 姉              

2020.5.3 本日の宣教


人生の基盤が崩れ落ちる時に  (ハバクク3:17~19)

 新型コロナウイルスの世界感染者数は現時点で300万人、死亡者は20万人を超えています。感染症の研究者たちによれば、これから人類の生き方は新型コロナウイルス前と後の世界に分かれると言われています。それほど、全世界に新型コロナウイルスがもたらした結果は想像を超えるものであったことが分かります。

このような世界的な変化は、私たちキリスト教会とクリスチャン一人ひとりの信仰生活のあり方も大きく変えていくことは確かであると思われます。今後の主日礼拝を始め、祈り会と諸集会、また伝道のあり方などが大きな変化を迎えることになるでしょう。

このように先がまったく見えない時こそ私たちキリスト教会とクリスチャン一人ひとりが信仰に新たなチャレンジを心がける時であり、終末を生きる者としての生き方を見出す時であると言えましょう。そのためにクリスチャン一人ひとりが身に着けるべき姿があるとすれば、それは神の御言葉である聖書を日々深く黙想しつつ、神が創造された人間社会と自然世界の変化に目と耳を注ぎ御業を見、御声を聞く訓練をすることです。

 旧約聖書と新約聖書には、共通して神の御業への信頼があります。「神のなさることはすべて時に適って美しい!」という信頼です。その信頼は良いことに限りません。たとえ死の陰の谷を行く時も、愛する人と別れる時も、病にかかり苦しむ時も、予想しなかった事故に遭う時も、…神は「インマヌエルの神として、いつも共におられ変わらず神の民を守り、最善をくださるお方、万事を益に変えてくださるお方である」という確信です。

「いちじくの木に花は咲かず、ぶどうの枝は実をつけず、オリーブは収穫の期待を裏切り、田畑は食物を生ぜず、羊はおりから断たれ、牛舎には牛がいなくなる。しかし、わたしは主によって喜び、わが救いの神のゆえに踊る。わたしの主なる神は、わが力。わたしの足を雌鹿のようにし、聖なる高台を歩ませられる。」(ハバクク3:1719

 これは他の宗教を信じる人々が求めるご利益のを指すわけではありません。大切なのは、主イエスが言われたように、目を覚まして今の時代をよく見極めることでしょう。すべては神の御手による支配の下にあることを告白しつつ、主イエスの御心を求め、最善が成し遂げられることを信じ、揺るがない歩みを続けることです。今のハバククとイスラエルの民は、人間的な目から見れば、これでもかこれでもかと試練と苦難の波が連続して押し続ける状況にあります。やがて、目に見える形として残っているものは何もなくなるでしょう。まさしく崖っぷちに立たされているような現実です。しかし、ハバククは神の支配と最善を信じるがために揺らぐことはなかったのです。

 初代教会の信徒たちを捉え、また励ましていた信仰のあり方は、「マラナタ信仰(終末信仰)」でしょう。彼らはローマ帝国による厳しい迫害と試練の中でも命をかけて礼拝に生きる群れでした。そして彼らは礼拝の最後に「マラナタ、主イエスよ 来てください!」という信仰告白を叫びました。この信仰の叫びはただの現実否定でも、漠然としたパラダイスへの願望でもありません。マラナタ信仰は主イエスの約束への確信であり、神の国への揺るがない信仰です。私たちの人生の基盤が崩れ落ちるように思えるこの時こそ、御言葉の上に立ち、聖霊が教えてくださる主の御心を生きることでしょう。ハレルヤ!