2020年2月5日水曜日

2020.2.2 牧師室便り

~ 嫌悪と差別を乗り越え ~

 中国の武漢市で発生した新型肺炎(新型コロナウィルス)のため、世界中が連日騒いでいます。その感染の広がりが、今までのどんな感染症よりも速いと言われていて、今まで数万人がかかり、数百人の人が命を落としたと報じられています。そのため中国政府は、人口1100万人の武漢市を封鎖し、海外への団体旅行をも禁じるなど対策に追われていますし、世界の国々でも、中国人の入国を断っている状況です。もちろん、このような対策は、やむを得ない現実的選択であると言えましょう。

 人類の歴史上、数えきれないほどの感染症が現れたり消えたりを繰り返していて、多くの人の命を奪ったり、経済的にも多大な被害に遭ったりしていたことを覚えています。2010年代だけにしても「エボラ出血熱、SARS 、MERSコロナウイルス、ジカ熱…」などが大きな被害をもたらしました。これに対し、WHOをはじめ、世界の国々は感染症が現れた時からワクチン開発に力を注ぎつつ、乗り越えてきたわけであります。

 ただ、ここで押さえておくべきことがあります。それによって、特定の国や地域の人への嫌悪や差別も大きく膨らむということです。感染症の広がりよりも、特定の国や地域の人々を侮辱するような嫌悪や差別の雰囲気の広がりのほうが強力かもしれません。ただ該当する国や地域の人であるということだけでいじめられ差別を受けるような出来事が国や民族、人種に関係なく見られます。

今こそ、互いに支え合い協力し合って乗り越えるべき時です。世界のどの地域、どこの国も自然災害やテロ、戦争、感染症などから完全に守られているところはなく、いつ自分の国や地域が被害に遭っても、おかしくない時代を生きていることを心に留めましょう。とりわけ神の福音こそ、限られた人だけでなく、今を生きる世界のすべての人に届けられるべき、差別も、分け隔てもない恵みの知らせであることを心がけながら歩みたいものです。シャローム!

2020.2.2 本日の宣教

『小さな信仰がもつ力』 使徒23639)       

ペトロは聖霊を受け、福音を大胆に伝えます。集まっていた人々はペトロの宣教を聞いて大いに心を打たれたと聖書は記しています。そうです。福音は、人の思いをはるかに超えて働く力をもっています。その人が誰であっても真の福音に触れ、福音を心に受け入れるのであれば、そこには大きな変化がみられることになるのです。

  それでは、ペトロが語った福音とは何でしょうか。「神の独り子イエス・キリストが十字架の上で私たち罪人のために血を流し死んでくださったこと、そして主イエスが死より復活され、永遠の救いの道を開かれたこと、そして主イエスは天に昇られ、主イエスを慕い求める人に聖霊を注がれる」という良き知らせでした。その良き知らせを聞き、心から信じる人は救われるのです。

  そこでペトロは、集まっていたユダヤ人たちに、「あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのをはっきり知りなさい!」(36節)と迫ります。すなわち、神が旧約聖書で約束され遣わしてくださった救い主メシアを「あなたと私が十字架につけて殺してしまったのだ。私たちは、みんなメシアを殺した殺人者なのだ。」と告白しているのです。はじめてこの言葉を聞いたユダヤ人たちが受けた衝撃は、想像を絶するものだったに違いありません。しかしペトロはそこにとどまりません。「あなたと私が十字架につけて殺した救い主を、神は復活させられた。そして復活なさった主イエスは、天の神の右に上げられ、そこから聖霊を注いでくださり、今もあなたと私を導いておられるのだ。」と。

37節で、ユダヤ人たちはペトロの言葉を聞いて「大いに心を打たれた」と記されています。「大いに心を打たれ」という表現は、良心の呵責からくる強烈な感情を表します。その上、彼らは「わたしたちはどうしたらよいのですか」という叫びをもって尋ねます。まさに目からうろこが落ちたかのように、自分たちがメシアを殺してしまったという罪深さを悟らされたことによる叫びです。このような反応は今日も十字架の恵みに触れた人に見られる姿でしょう。

最後にペトロの答えに注目しましょう。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によってバプテスマを受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」(38節)…罪人が主イエスを救い主と信じ、バプテスマを受けるためにまず求められる姿こそ、悔い改めです。人は悔い改め、主イエスの名によってバプテスマを受けます。悔い改めない罪人は、決して主の前に立つことも、救われることもありません。悔い改め主の名によってバプテスマを受けた者は聖霊を受け、聖霊との交わりの中で日々感動を生きるようになるのです。

“口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。”(ローマ10:9)に書いてある通り、私たちが持っている信仰は小さいけれど、日々、口と心で主イエスの福音を確かなものとして証しできますように、また、世界のすべての人が、福音に触れ、福音からくる感動で満たされますように…。ハレルヤ!

2020.2.2 小さな泉の恵み


「天からの恵みを待ち望み」
  
この異常気象で今年の冬は全くもって雪がありません。冬の間はスキーの活動をしているYMCAとしては大きな痛手で、予定していたプログラムを中止せざるを得ない状況になっています。プログラムが中止になると休みになって教会に行っているので、何とも言えない心境のまま活動の中止の連絡を参加者の皆様にするために電話掛けをしている上司を横目で見ています。雪がないせいでスキーができないことだけならまだいいのですが春になって雪不足が原因何か問題が出ないか心配です。天気予報では2月は例年通りの寒さになるとのことなのでそこで何とか雪が降ってくれるといいのですが…
神様が荒野でマナを天から降らしてくださったように富山の地にも雪を降らしてくださるように祈っています。    
                    S.H.兄

2020年1月27日月曜日

2020.1.26 本日の宣教

『 一隅を照らす 』 (マタイによる福音書51416)

「一隅を照らす(照一隅)」、昨年128日凶弾に撃たれ天に召された中村哲氏は、講演会や記者会見などで自身の活動を説明する際にこの言葉をよく使っておられました。
中村さんは以下の様に述べています。「どこでもいいから深い所へはいれ。我々は、つい色々な情報にあふれておってあれもある、これもある。それぞれに大事ですけれど、つい浅く広く表面的に流れやすいという中で1つの事をじっと追いかけて、真実を見極める。そこから何か『真理』が見えてくる。世界中を照らす事は出来ない。 ・・自分が今いる場所で最善を尽くすことが、隣人や、世界を良くすることに通じるというもの。」
『照一隅』は、天台宗を開いた最澄の教えが出典とされています。マタイによる福音書5 16節のみ言葉に通じます。「そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かせなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、天におられるあなたがたの父を崇めるようになるためである。」
中村哲さんはその若き日、福岡の西南学院中学校在学中に聖書を通してイエス・キリストに出会い、香住ケ丘バプテスト教会においてバプテスマを受け、クリスチャンとしての歩みを始められました。九州大学医学部卒業後病院勤務を経て1983年に日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)からパキスタンのペシャワールに派遣され、ハンセン病の患者の治療をされました。その時にアフガン難民の治療をされ、ペシャワール会を福岡YMCAに立ち上げます。2000年にアフガニスタンで大規模な干ばつがあり、井戸を掘り農業用灌漑用水を各地につくります。2001年にはアメリカのアフガニスタン侵攻後も現地での診療と井戸を掘り続け、1600本という井戸と灌漑用水を現地人と一緒に作ったそうです。
中村さんの行動と言葉は強烈です。宗教・宗派も国・部族間の違いをも超えて、「戦争などしている場合ではない。このまま干ばつが続くと敵味方関係なく多くの命が犠牲になる。今必要なのは水である。命をつなぎ、健康を守る綺麗な水が必要である。」イエス・キリストに従い、アフガニスタンの「一隅」で世の光として歩んだ中村哲さんの生き様は、小さな光ではなく、私にはあまりにもまぶしいです。小さな光でも『よく言っておく。この最も小さな者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである。』(マタイによる福音書2540節)とイエス様に言っていただける人生を歩みたいです。
                                S.S.兄

2020.1.26 小さな泉の恵み




「想いが先走って」

去年の9月には、自分は、変わりたいと想いがあって、バプテスマを受けたいと決心していました。その思いだけが先走っていたのか?自分では早く教会の皆さんの群れに加わりたいとの焦りなのか?自分一人で空回りしていたと思います。
先週の日曜礼拝後から、バプテスマ式のための学びが始まりました。しかし、最初の段階からつまずいてしまったのです。信仰の土台となる福音のことについて、一年以上通して学び自分の口で告白したはずなのに、何も思い出せなく、自分が信じていることが何であるかも分からないことに気づかされたのです。今まで何のために、教会へ通っているんだ?と自分を責めるようになりました。
昨年の暮れから様々な出来事に覆われ、心が暗くなり、その結果、体調不良になり、精神的にも悪い方向へと行ってしまっていました。そして、今年最初の小さな泉の村をきっかけに、徐々にではあるが皆さんと交わることができ、前に進められる元気をいただきました。
まだまだ、自分の信仰は弱く、バプテスマを受けるまで、時間はかかると思いますが、焦らずに福音の確信に触れていきたいと思います。

                         Y.H.兄

2020年1月22日水曜日

2020.1.19 牧師室便り

~ 被造物たちの呻きを聞く ~

「被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。」(ローマの信徒への手紙822

 世界の被造物が呻いています。地球温暖化という人間社会の欲望がもたらした自然の変化による災害が世界各地で如実に表れています。とりわけオーストラリアで昨年9月から5ヶ月間も続いている森林火災が猛威を振るい広範囲に被害が及んでいます。オーストラリアはコアラ、カンガルー、ウォンバットなど珍しい動物の天国で知られていますが、そのような動物たちも含め約10億匹が死んだそうです。何も知らず、死んでいく動物たちを思うと心が痛みます。

先日、教会の花壇に咲いているコスモスの花を撮りました。夏から秋にかけて咲くはずのコスモスが、真冬である一月中旬になっているのに咲いていますし、新たな花を咲かせるためのつぼみもできていました。造られたものとしての従順と最善に感動しながらも、被造物の生態が狂ってしまっている現在を目の当たりにするような気がして悲しくなりました。とっくに花は枯れ、切り取られ、花壇は雪の山になるはずなのに、雪は見えず、季節を忘れさせるような世界です。すべては地球温暖化がもたらした風景…。もしかしたら、雪国から雨国に呼ばれてしまう日が訪れるかもしれません。

人間が罪を犯した日から、被造物の呻きは消えていません。むしろ日に日に増している状況です。聖書は、被造物が切に待ち望んでいることこそ、神の子たちの現れ(ローマ819)であることを教えています。神の家族の皆さん、世界のすべての人が福音を聞き、神の子として生まれ変わることを、父なる神も、被造物も切に待ち望んでいることを心に覚えつつ、伝道に励んでいきましょう。時は満ちています。・・・シャローム!

2020.1.19 本日の宣教

わたしは主を愛する 』  (詩編11612、Ⅰヨハネの手紙4910)

詩人は、「わたしは主を愛する」という主への愛の告白をもって始めます。ここで「愛する」と訳されたアーハヴは、「選びの愛」の意味で、主にイスラエルが神の民として無条件的に選ばれた神の選びの愛を表す言葉です。ですから、多くの場合、神が神の民に愛を語られるときに使われますが、この詩編では珍しく人の方から神に向けられて告白されています。

詩人は、その神への愛の理由について早速証しします。「主は嘆き祈る声を聞き、わたしに耳を傾けてくださる。生涯、わたしは主を呼ぼう。」と。まさに詩人は、死の危険に落とされたような苦難と悲しみにありました。しかし、愛する主が、詩人の嘆き祈る声を聞いてくださった。ただ一度のことでなく、生涯にかけて絶えずそうであったことを歌っているのです。

神の愛は永遠の昔から今まで、まったく変わっていません。しかも、神との交わりは生き生きと体験するものであって、その交わりの中心にあるのが、苦難の中でささげる祈りでした。神は神の子どもたちのすべての祈りを聞かれ、いつでもその祈りに憐れみと恵みをもって応えてくださる愛なるお方。神は、祈り手を喜んで受け入れ、祝福に満たし、恵みで満たしてくださいます。本日の詩人は、その神の愛と恵みに応えて神を愛し、神に祈り求めることを決心します。それが、詩人の生涯において、ただ神だけを愛し仕え、神にだけ祈るという誓いとして表れているのです。

そうです。詩人の神への愛は、神が彼を先に愛されたことに対する応答として湧き上がっていることが分かります。すなわち、「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。」(Ⅰヨハネの手紙410というヨハネの言葉こそ、私たちが神を愛せざるを得ない理由となるのです。詩編116編の詩人は人生を通じて何度も神の一方的な愛を受けていましたし、その愛に対して、彼にできる愛をもって神に応答しているのです。
 2020年を始めるこの時、あなたは神に「私はあなたを愛します」と告白していますか。その愛はどのような形として現れるでしょうか。愛する神の家族の皆さん、私たちが主にどのように愛されているのかを知ってこそ、主を愛することができることを覚えましょう。また、主にどのように愛されているのかを知るなら、隣人をどのように愛するのかを知ることもできるはずです。私たちが手にしている聖書は、「神の私たちへの愛の物語」であると同時に、「私からの神への愛の物語」であることも忘れてはなりません。いつも神の愛を求め続ける者から、私たちの愛を求めておられる神を愛する者へと変えられればいかに幸いなことでしょうか。今年、私たちのすべてが神への愛の証しであり、愛の讃歌となりますように・・・。ハレルヤ!